経営支援サービス

資金調達に関してこんなお悩みはございませんか?

☑本業が忙しくて手がまわらない
☑どの補助金を申請できるのかがわからない
☑事業計画書をどう作ってよいのかわからない
☑申請しても採択されるかが不安

経営支援サービスとは

資金調達は会社経営においてとても重要で、方法も「融資」「補助金」「助成金」「事業譲渡(M&A)」「ファクタリング」など様々ございます。
その中で私たちは、中小企業及び小規模事業者向けの販売促進や設備投資・海外進出・省エネ対策・事業承継に対しての”補助金”と”融資”をサポートさせていただいております。
当事務所の強みとしての事業計画書作成にあたり独自の勝ちパターンがあり、お客様の計画や戦略に応じてオリジナルな事業計画書を作成させて頂いております。補助金は毎年採択率や加点指針が変わりますが、政府の意向をくみ取って申請するということは同じで、融資においても金融機関が見るポイントはある程度決まっております。私たちは日々業務に取り組む中で、状況をアップデートし最新情報をキャッチアップしており、その情報をもとに貴社のサポートをさせていただきます。

サービスの特徴

勝ちパターンの確立

補助金と融資では抑えるべきポイントが変わってきます。そのポイントは会社の経営状況によっても変化し担当官にどのようにアピールできるかで採択または融資実行されるかが変わってきます。
当事務所ではその勝ちパターンをいくつか持っており、そのパターンに当てはめられるかで結果予測を立てることが可能となっております。
そして一度実績を作ると次回以降の申請にも有利に働きますので、経営にレバレッジを効かせることができます。

プロによる事業計画書の作成

事業計画書作成にはポイントがあります。
補助金では種類によって加点ポイントが異なるため、いつもと同じように作成していても採択はもらえません。逆に融資に関しては、ある程度金融機関の担当官が見るポイントが決まっております。
お金を給付してもらう、貸してもらうということですので、情熱だけではダメで希望的観測のような数字でもいけません。その微妙なバランスが難しく、私たち行政書士がヒアリングのうえ作成させていただいております。

簡易コンサルティング

資金調達を通じて現状企業が抱える課題を引き出し、潜在課題を見える化していきます。
優秀な経営者であってもセカンドオピニオンとしてコーチやコンサルタントと共に経営することが多く、私たちは管理部門のプロフェッショナルとして企業のプロジェクトの支援をさせていただくことが可能です。
当事務所では状況定義を通じて企業が進むべき方向を共に考えていきます。

主なサービス内容

補助金・助成金

小規模事業者持続化補助金/IT導入補助金/ものづくり補助金/創業・第二創業補助金/東京都創業助成事業/事業継承補助金/エネルギー使用合理化等事業者支援補助金/その他多数

融資

新創業融資(日本政策金融公庫)/中小企業経営力強化資金(日本政策金融公庫)/マル経融資(小規模事業者経営完全資金)/その他制度融資

申請・届出のポイント

POINT1:申請は余裕をもって行う

補助金や融資は、申請をしてすぐに入金があるわけではありません。
補助金は内容によりますが、6ヶ月~1年後に入金されることが多く、融資に関しては1ヶ月~3ヶ月ほどが目安となっているため、計画を持って行動できるかが重要になってきます。


POINT2:事業計画書の書き方

事業計画書は、わかりやすく専門用語はなるべく使用しないで作成するのがポイントです。
誰が読んでも事業内容が理解でき、補助金や融資を受けることによって事業がどのようになるのかを説明する必要があります。
加えて補助金の場合には、加点ポイントが補助金毎によって決まっているためその指針に当てはまるように作成していくことで採択率が変わってきます。


POINT3:細かなルールも守ること

補助金に関しては、募集要領に事業計画書の書き方が記載されており郵送で提出する際にはその方法が明記されております。こういった細かなルールを守れないとどんなに良い計画書などを作成しても書類すら読んでもらえないということもございます。
融資に関しても同様で、ルールを守れないと融資額が減額されたり最悪の場合は断れてしまいことがあります。

よくある質問

Q.これから創業/創業したばかりですが、借り入れはは可能でしょうか?

A.はい、事業計画書をしっかり示すことで融資を受けることは可能です。
創業当初の場合は、日本政策金融公庫の新創業融資が低金利・無担保無保証で一番良いかと思います。

Q.うちの会社でも補助金はもらえますか?

A.該当する補助金はあるかと思います。ですが、補助金はもらえるものですが、もらうことを目的としてしまうと失敗する可能性があります。具体的に貴社の計画をヒアリングさせていただき、該当する可能性がかるものをご提案させていただいております。

Q.補助金と助成金は何が違うのですか?

A.補助金は主に経済産業省が企業または個人の事業拡大を目的としているものですが、助成金は厚生労働省がキャリアアップや雇用促進を目的としているという違いがございます。

Q.審査にはどのくらいかかりますか?

A.融資の日本政策金融公庫ですと、早いと1ヶ月前後で着金となっております。市区町村の制度融資ですと3ヶ月ほどかかる場合がございます。
補助金に関しては内容にもよりますが、後払いが原則ですので申請をしてから6ヶ月~1年ほどかかるのが一般的です。

Q.補助金はどういった経費が対象なのでしょうか?

A.補助金の種類にもよりますが、ホームページ作成や展示会出展んなどの販促費や基幹ソフトなどのITツール導入費用・省エネ機材への買い替えなどの設備投資など幅広くございます。

Q.個人事業主でも申込は可能でしょうか?

A.はい、個人事業主でも補助金・融資の申し込みは可能です。